車業界の裏側をご紹介!

車業界の裏側をご紹介!

ターボ車の燃費についての考察

ターボ車は通常車にくらべて燃費が悪いと言われていますよね。
確かによりおおくのパワーを出すので燃費が悪くなるのは分かります。
しかし、そのパワーが出ている分、アクセルを踏み込まなくてもいいので、
むしろこっちの方が燃費が良くなるのでは?
と思っている方もいると思います。

 

そのことについて解説してみます。

 

ターボ車はノッキングを抑えるために圧縮比を低く設定しており、
エンジン自体の効率が悪くなっております。
燃費を向上させるためには、エンジンの効率をよくしないといけなく、
それのためには圧縮比を高くしないといけません。
しかし、圧縮比を高くしてしまえば、ノッキングがおきやすくなってしまうため、
ター車は圧縮比を上げることができないのです。

 

そしてターボ車はターボを冷やすために、余計にガソリンをしようしているのです。
その使用するガソリンは、車の推進力を生むためだけでなく、冷やすためだけに使用しているので、
その分燃費が悪くなってしまいます。

 

以上がターボ車が通常車よりも燃費が悪くなっている理由となります。
確かにターボ車でも燃費のいい車自体は造れるのですが、
その分、ターボのメリットを削らないといけなくなります。

 

どちらを選べばいいの?

 

そうなってくるとあまりターボ車としてのメリットはありませんよね

 

ですので、ターボ車を選択するか、通常車を選択するか、は、
自分の性格によって選択するといいです。

 

通常車はパワーがなく、坂道なんかで思いっきりアクセルを吹かさないといけませんが、
それだけ燃費もよく、経済的にやさしいです。

 

一方ターボ車はパワーがありますので、
坂道などでも神経をつかうことがありません。しかし、その分燃費が悪いです。

 

これのメリット、デメリットをよく考え、
自分がどちらに適しているか考えるといいでしょう。

インターネットでは、車の買取に関する質問が色々投稿されています。質問の中には、よく見かける内容もありますね。
代表的な質問としては、やはり業者選びです。車買取業者の数が非常に多いので、どこが最適なのかという質問は大変多いです。またどのようにすれば高く売れるかという質問も、かなり多いですね。

 

上記の2つの質問は、どちらもお金に関わりますね。前者の業者選びに関する質問も、やはり高く売るのが目的だからです。このように「お金」に関わる質問が投稿されているケースは、本当に多いと感じます。

 

ところで「お金」といえば、査定料金もその1つです。インターネットでの投稿内容で意外と多いのは、査定料金に関する質問ですね。
車の買取手続きを行うためには、もちろん査定を受ける必要があります。人によっては、その査定料金が気になっているケースもあるのです。査定料が有料になるかとの質問は、意外と多いですね。

 

その質問に対する答えですが、「大抵は無料」との回答が一番正解に近いでしょう。ほとんどの買い取り業者は、公式サイトにて査定料金は無料とアピールをしていますね。ディーラー店でも、もちろん査定料金は無料です。

 

それは、買取の基本ですね。車買取だけでなく、ブランド買取や楽器買い取りなどでも査定料は無料です。
ただ例外も一応あります。団体によっては、有料での査定が発生する事もあるからです。確か車査定に関するある協会の場合は、査定料金が有料だった覚えがあります。また車売却のオークションサイトなどでも、査定が有料になりますね。

 

しかしほとんどの車買取の業者は、査定料は無料です。何社で査定を受けても、お金がかかる事はありません。たとえ売却をお断りしても、お金はかかりませんね。ですので一括査定サイトももちろん無料ですので、安心ですね。

続きを読む≫ 2014/12/11 00:13:11 車雑学

自動車の買取なのですが、小さなお子さんを乗せる事が多い、パパさんやママさんは、査定をして貰う時には、隅から隅まで徹底的に掃除をしておく必要があると思います。例えば、ミニバン等は、家族で移動する時には人気の自動車になっていますよね。自動車の中でお子さんが食べ物を食べる事も多いのではないでしょうか。その場合、食べかすが、こぼれてしまう場合もあります。その時にもしかしたら、シートの隙間に、お菓子が入っている場合もあるかもしれません。

 

査定をして貰う前にはそういった部分もしっかりとチェックをしておかなければならないでしょう。ゴミなどが隅に落ちていないかどうか、きちんと見ておく事が重要になって来ると思います。そればかりではありません。お子さんが、何時の間にかキズを付けてしまっているケースもあるかもしれません。その部分もしっかりと見ておきましょう。

 

 

逆に言えば、そういった所を無視してしまっていると本当に損をしてしまう可能性も出て来るのです。やはり、自動車というのは高い物ですから、それだけでも数千円単位の差が付いてしまうのも珍しくはないのです。
ランクル 下取り

 

少しでも印象を良くするためにもちゃんとした、対策を取っておく必要があるのは言うまでもありません。気をつけていれば、高い査定額もけして、夢物語では無いのではないでしょうか。その部分をしっかりと覚えておきましょう。

 

続きを読む≫ 2014/06/03 17:50:03 車雑学

車買取をして貰う方法としては個人レベルでの売買というのが考えられると思います。
それはどういった物なのかというと、例えばインターネットを利用したネットオークションという物ですよね。

 

このネットオークションなのですけれども、業者さんに買取をして貰うよりも高く売却出来るという事で売り手でも多くの方が利用されています。

 

買い手の方としても業者さんに頼むよりも自分の好みと細かな事情に合わせた買い物をする事が出来ますので、多くの方が利用されています。
中には業者さんで購入するよりも、安く購入出来る場合もありますので、そういった部分で、利用されている方も非常に増えているのです。

 

ただ、個人売買だからこそ気を付けなければならないトラブルがあります。

 

どういったトラブルなのかというと、それは金銭的なトラブルなのです。
ネットオークションの場合ですとどうしても相手の顔は知りませんよね。
そして、相手の素性も全然分からないという事もあるのではないでしょうか。

 

だから例えば代金の不払い、あるいは、遅れ等が生じるケースがあるようです。
車の引き渡しの時にきちんと代金の支払を同時にするという事などで対策をしなければならない面倒さはあるのではないでしょうか。
カローラフィールダー 査定

 

続きを読む≫ 2014/04/29 00:10:29 車雑学

車の替え時って結構難しいですよね。
まだ乗れるんじゃないか、もう1回車検受けてもいいんじゃないか、と延ばしていくうちに、替え時を逃してしまって、売値がつかなかったりします。
車は高価な買い物ではありますし、思い出が詰まっているものでもありますので、なかなか思い切った行動がとれませんが、上手く替え時を見極めることで、かなり売値が変わってくるのです。
買い替えの目安はこちらのサイトにも掲載されています。
>>愛知 車買取査定

 

まずは、何回車検を受けるかです。
特に大きいのが7年落ちの3回目の車検で売るのか、9年落ちの4回目の車検で売るのかです。
できるだけ高値で売りたいのであれば7年落ちですが、まだまだ乗れると考えて9年落ちまで待ってしまうというケースが多いのです。
この場合であれば、7年落ちで売るのか11年落ちまで乗るのか、で考えるといいかもしれません。
結局売値をつけたいのか、もったいないと思わなくなるまで乗るのか、という部分での選択です。

 

また、13年落ちというのも1つの買え時ですね。
税金が上がるということもありますし、故障が増えてくる時期でもあります。

 

故障し始めると、いつ次の故障があるか分かりませんので、1箇所故障し始めたときには、すぐに考えた方がいいです。
本当は故障が全くない状態での買い替えが望ましいですけどね。

続きを読む≫ 2013/12/26 20:56:26 車雑学

新車購入時に気をつけておくべきこととして、マイナーチェンジがあげられます。
マイナーチェンジとは前期型から後期型へのように、そのモデル自体は変わらないので、
見分けがつきにくい。というのもあります。
ほとんど外装が変わらないマイナーチェンジもありますよね。

 

でもなぜこのマイナーチェンジ情報を把握しておかなければいけないのかと
言いますと、

 

まず第一に、その車の価値が下がる。というのが挙げられます。
マイナーチェンジしたら、前の型の価値はいっきに下がります。
もちろん新車ですので、価格が安くなる。ということはありません。
車を売却するときに困るんですね。

 

これが1つ目の理由です。

 

2つ目の理由

 

そして第二に、安全面の問題が挙げられます。
まず、マイナーチェンジとは前の型の欠陥部分などの、悪いところ、
クレームが多かったところを治した、いわばそのモデルの完成形にあたるのです。

 

ですので、やはり前の型の方が不満が大きく感じるんですね。
乗るなら後期。
と言う言葉をよく聞きますが、それだけマイナーチェンジ後の車は、完成度が高いんです。

 

ただその車がほしい!というのではなく、
しっかり現行のモデルはどんなモデルなのかを調べ、また、マイナーチェンジの情報は出されているのか
も調べることが重要となってきます。

 

もちろん近くマイナーチェンジがあるのでしたら、
それまで待ってからその車を購入することをすすめます。

続きを読む≫ 2013/10/31 23:11:31 車雑学

最近カスタム車が少なくなってきたような気がしますね。
原因はわからないですが寂しいものです。

 

少し前まではガッツリカスタムしていなくても、
少しおしゃれな感じでカスタムしている車は結構いました。
しかし今はメッキリ純正の車しか走っていませんよね。

 

日本の経済状況に問題があるのでしょうか。
私の車カスタム仲間も次々と引退してしまっています。

 

ではここで、少しおしゃれな車のカスタム講座を開きたいと思います。
まず黒の車。
たま〜に銀色のぴかぴかのホイールつけている方がいますが、
はっきり言ってあれはダサイです。まあ個人の自由なんですけどね。

 

黒の場合

 

黒って色は銀色が映えます。
だから銀色を好んでつけまくる方が多いのですが、
ああいうピカピカの銀色ってつければつけるほど、うさんくさく見えてしまうんですよね。
つまり安っぽく見えてしまう。
純正のかもしだしている高級感を殺しているのとおんなじなんですよね。

 

なので黒の車体の場合は、純正でピラーが銀色のがついていますよね。セダンなんか。
あれだけでいいんです。銀色を増やす必要はありません。

 

私だったらクロームメッキのホイールをはかせますね。
あくまでもホイールは主役のお膳立てです。主役は車体なんですから。

 

白の場合

 

そして白の車体の場合。
この場合は黒のパーツを多めに取り入れるといいですね。
黒のドアミラー。真っ黒なホイール。
白と黒の車にするんです。
こうするとカッコイイですよね。

 

車はバランスが大切です。
1つ1つのパーツがカッコよくても、全体でみればダサい・・・
なんてことよくあることです。
車をカスタムする際は、バランスを見るようにしましょうね!

続きを読む≫ 2013/10/15 00:04:15 車雑学
ホーム RSS購読 サイトマップ